スポンサーリンク

おはようございます、りんごです。

先日お弁当をいただきました。
とっても豪華だ~!
お刺身に天ぷらにとんかつ、焼き魚に、ご飯お茶碗1杯半くらい!?


美味しかったのですが、あえて!全部は食べません。
お腹いっぱいになるまで食べる…というのは、冷えとりを始めて以来避けています。
この「少食」って、あの石原先生も勧めている冷えとり・健康法です。

通常腹6~8分。

水分を取りながら食べることもありません。
唾液が薄まってしまうのを防ぐため(消化に良くない)、
そして流し込み食べを防ぐためにもお茶かお湯は食事のあとにいただきます。

宴会やイベントがあるときは仕方ないとして、
「お腹いっぱい」を習慣化して良いことはありません。
わたくしの場合は、「お腹いっぱい」を続けてしまったあとは、
胃腸に負担がかかったせいかアトピーのかゆみも強くでてきます。
冷えもひどくなり、身体ももちろん重くなります。

けれど、なぜ苦しいのにお腹いっぱいになるのか…

そう思い起してみると、冷えが原因となっていることに気づいたんですね。
とくに足の冷えは禁物。ムダな食欲をつくります。

*5本指靴下を、せめて家の中でだけでも履く。
*ショウガ紅茶を常飲する。

そんな習慣をつけるようになってから、「お腹いっぱい」習慣は改善され、
するっとやせました。
「あとちょっと食べたいけど、次に回そう」
そんな気持ちが習慣化できれば冷えとりと同時にダイエット成功も近いです◎

<ちなみにわたくし、MOTTAINAI精神強め、ですので…>
今回ありがたいことに お弁当を出してくれた方の
「食べきれなかったら持ち帰れるようにラップを用意しましたよ~」
という粋なお気遣いのおかげで、きちーんと持ち帰れたので、次の食事でいただきました◎
若干持ち帰り恥ずかしい…という気持ちもなきにしもあらずですが(笑)
率先してやりだすと、意外とみんなマネして持ち帰ります。
あ、夏はさすがに持ち帰りません。そういうときは思い切って完食します!
皆様も持ち帰り時期には気を付けつつ、少食&エコ&冷えとりを楽しんでみてください~。

スポンサーリンク
おすすめの記事