スポンサーリンク

「今年は調子いいよ~!?」…これ、今朝の夫の言葉です。
夫は長年の花粉症の持ち主。今年は花粉量も多いと言われていましたが、今年は花粉症の症状、出ていないようです。

あまり温かいものを飲まない夫にショウガ紅茶を飲ませ、白米や精製した小麦大好きな夫に玄米を食べさせ続け、苦節4年。やっと効果がでてきたのかな、なんて喜んでいます!

※ちなみに私は、各種アレルギー、アトピー持ちではありますが、玄米効果かショウガ紅茶の効果か、花粉症症状だけはないので、ちょっと高みの見物気分で夫を眺める鬼嫁(笑)

とくに冷え症でもない夫ですが、私がショウガ紅茶を飲ませてみようと思ったきっかけはこちら。あのショウガ紅茶の提案者石原先生の言葉でした。

日頃、水分(水、お茶、炭酸水、コーヒーなど)を摂りすぎているのに、運動や入浴による発汗や排尿を十分にしていない人や、冷え性(低体温、脇の下の体温が36.5℃未満)のために体内の代謝が悪く、汗や尿の出も悪く、体内に余分な水分がたまっている人にスギ花粉症は発症する。

かく言う筆者も、軽いスギ花粉症の傾向がある。しっかりジョギングして、その後サウナに入り発汗や排尿を十分に行った後は症状が出ない。しかし、運動やサウナ浴も行わずビールを飲みすぎたりした次の日はくしゃみ、鼻水で悩まされるので、スギ花粉症は「水毒症」であると実感している。

実は私、水が好きだし、水で体内を浄化するという健康法も支持しているので、水を1日2L飲むようにしています。

そこは石原先生の教え通りではないのですが、やはりお風呂にしっかり入らなかったり運動をさぼったりして水が多すぎるなというときの朝は鼻がぐじゅぐじゅするんですよね。(ショウガ紅茶を飲んだり、ウォーキングで汗をかけば落ち着いてきますが)

夫は清涼飲料水が好きでちょいちょい飲んでいるし、運動もしていないので身体に水がたまった状態だったのかもしれません。
それを数年間かけて良くしていった…という感じでしょうか。

花粉症のない人生、まず春が楽しみになりますし、とにかくラクですよ~。

これで終わりにせず、完全に花粉症がなくなった!と実感してもらえるまで、これからも玄米やショウガ紅茶生活は続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事