スポンサーリンク

おはようございます。りんごです。


あまり周りに同胞はいないのですが…バレエを見ることが好きです。
とくにアマチュアの、プロになる前の子たちの踊る、
ローザンヌバレエ…結構注目して見ております。
自分にはまったく関係ないんですけどね(笑)

今年も2月8日~10日に決選が行われるようで、
見たいな~、でも中継をしているテレビが日本ではないようなので残念だな~、
などと思い、昨年録画したものを見直してます。

と、そこで気づいたのですが、

踊りだす前にアゴをガクガクさせている子が多い!ということ!!!

(そこかい!という突っ込みは置いといて^^;)
女の子の場合はそうでもなかったのですが、
男の子ダンサーの場合は、踊りだす前の舞台袖で大きく口を開けたり、
「あ~、い~」と口を広げたり、パクパクしたり…

確認しただけでも2人は、やってましたね!!(変なとこ見てるな~)

でも、それを見ててなるほどと思いました。
ストレスを感じると、奥歯を自然と噛みしめてしまいます。
肩こりがひどい人は噛みしめが原因ということもよくあります。

何を隠そう私りんご自身も、夜中の歯ぎしりがひどく、
マウスピースを歯医者さんでつくってもらってつけるようにしたら、
熟睡できるようになった、肩こりが良くなった、という経験の持ち主。
自然、人のアゴとかかみ合わせに注目しちゃうんです。

だから、コンクールで緊張している子たちが
アゴを動かして緊張をほぐしている姿に共感するとともに、
さすがバレリーナ、若くても身体のプロだなあと感心してしまいました。

緊張したときだけでなく、寒さもストレスになるので、
自然とアゴ周辺が固まってしまうことは少なくありません。

意識してアゴを動かして緊張を解いていきましょう。
おしゃべりをするのも、いいのですよ◎

スポンサーリンク
おすすめの記事